デリケートゾーンは事前に処理しておくもの?

脱毛サロンに行く前のデリケートゾーンの処理

悩んでいる女性
脱毛サロンで脱毛する2日くらい前に、自分で処理しなくてはいけません。デリケートゾーンも例外ではありません。ただし、VIOは自分の目で見える範囲は限られていますよね。見える範囲にあるVゾーンは自己処理できるとして、他の部位はどう処理すれば良いのか、悩みどころですね。鏡を使って自分で処理する人、家族や彼氏、旦那さんに手伝ってもらう人もいますが、これがなかなか難しいもの。人に見られたくないデリケートゾーンの前処理、一体どうすれば良いのでしょうか。

どうしても剃らなくて良い

実はデリケートゾーンや背中など、自分で見えない部分、処理しにくい部分はサロンのスタッフが脱毛当日に剃ってくれます。だからそうしても事前処理しなくちゃならないわけではありません。そもそもこの部分の毛は見えにくいし、毛自体が太くて固いので、普通に見えたとしても処理しづらい箇所です。ムリに処理しようとすると肌を痛めたり、変な形になったりと、正直百害あって一利なしです。形を自分で作りたい人以外は、サロンのスタッフに任せましょう。

形をつくるにはどうすればいい?

ピンクのカミソリ
VIOゾーンとくにVゾーンは自分で剃って、形を作っておくと脱毛後のイメージが付きやすいですね。処理方法ですが、カミソリと電気シェーバーを併用するやり方が一番安全です。シェーバーが家にない方や毛が長い方、はハサミである程度短くしてから処理を行います。仕上げにT字カミソリで形を整えていくと良いと思います。サロンによっては脱毛できる範囲が変わってくるので、どのあたりまで施術できるかを確認してから事前の処理を行ったほうが良いと思います。

事前処理した後のケアは大事

カミソリで処理した後は化粧水を付けるなどしてしっかりと保湿しておきます。事前処理は2日前が目安ですが、忘れているなどして当日にやらなければならないとき、処理後にクリームなど油分を含むものは塗らないこと。施術がうまくいかないことがあります。またくれぐれも剃り過ぎないようにしましょう。力を入れすぎて皮膚が傷ついてしまうと、脱毛時にレーザーやフラッシュが当たり、やけどのようになってしまいますのでこちらも注意が必要ですね。

関連記事: